2009年02月28日

ウェブリブログで公開停止を喰らいました。5. お願い。さっさと仕事して、BIGLOBE。

画像自粛事前にも連絡ございませんでしたが、事後にも一切ございませんでした。こちらから問い合わせをしてはじめて判明。BIGLOBE が寄越した返信を見ましたら…、なな、なんと。「公開停止にした」とな。そりゃー見られなくなるわブログ。システムがイカレタのではござらんかったか。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 10:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

「山襞」 (詩集「幽界通信」より)。

「山襞」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。深い山襞に
春になっても
とけぬ雪がある

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ウェブリブログで公開停止を喰らいました。4. BIGLOBE から返信。なんというか何重にも間違っていて放心。

画像自粛サポートデスクに電話してもなんにも解決しませんでした。
 
あたくしのブログが見られなくなっているのですが、
いったいどうしたことでしょう。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

「双子山」 (詩集「幽界通信」より)。

「双子山」 1/2。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。霧雨が
山肌をかすめて
すぎた

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ウェブリブログで公開停止を喰らいました。3. BIGLOBE のサポートデスク、なんの役にも立たず。

画像自粛役に立つ気もないようです。
 
なんでか知らんが、あたくしのブログが見られなくなっています。待ちに待った朝一番。サポートデスクに電話です。

[BIGLOBEカスタマーサポート テクニカルサポートデスク:My BIGLOBE会員サポート] (9:00〜21:00)
http://support.biglobe.ne.jp/ask/tech_desk.html


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

「鴉」 「鵜」 「芽」 (詩集「幽界通信」より)。

「鴉」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。
 
 
海は赤く濁り
波は牙をむいて岸を噛んだ

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 02:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ウェブリブログで公開停止を喰らいました。2. やっと現状は把握したが、原因は ?

画像自粛「あれれえ。ボクが あんまり ガンガン メンテするんで、BIGLOBE のシステム、根を上げちまったのかな 。」
これまでにもいろいろありまして、システムがヘボいことは身に沁みておりました あたくし。そう 思ったのも、ゆえなきことではございません。しかし 迂闊にそんなことを口にしてそれを誰かに聞かれたら、
「あはは、まさかあ。」
とバカにされるに違いありません。
なぜって。
プログラムとか用意して機械的にガーッとやっていたわけではございません。手でコツコツ作業しておりました。そんな規模ではシステムに影響するほどの負荷がかかると思えません。
なんかタイミングが一致し過ぎてるような気はいたしますが、偶然でしょう。偶然の一致。なんか理由は知らんがシステムがおかしくなっているっぽい。ですが、そのうち直るでしょうよ。ええ、ええ、きっとそうですとも。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

「雨夜」 (詩集「幽界通信」より)。

「雨夜」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。晝からの雨が物の影を重く沈ませ
雲間にうすら明りの洩れるような晩
彼はあらわれる

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

ウェブリブログで公開停止を喰らいました。1. 概略と発端。

画像自粛すわ筆禍事件 !?
いえいえ、記事内容が問題になったのではございません (残念ながら ? そういうことにしておいた方が盛り上がったかしら ? )。
「内容」ではなく「行為」が問題とされました。しかしそれはプロバイダ側の完全な誤認。サーバーを攻撃するだの、トラックバックスパムを送信するだの、んなことは してやせん。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

「草」 (詩集「幽界通信」より)。

「草」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。墓にはめったに行かない
墓標を掩って茂った草をぬく時
苦しくなる

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

旧・ブログも復旧しました。

Takahashi, Hideki / 高橋秀樹今し方、新旧ブログの同期を取る作業が、曲がりなりにも ひと段落したところです。おおめんどくさ。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:39| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

「茨」 「幽界通信」 (詩集「幽界通信」より)。

「茨」 1/2。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。
 
 
私ははだしで草地に立った
垣のばらは月光を吸って妖しく濡れた
私は垣をのりこえた
蹠の血は砂地に花びらの烙印を押した
標識燈の光はかすれ
突堤の端に彼が立っていた
蒼白い光の中の浮彫
さすらいの日々にまもり通したもの………
私は全身を陶酔にまかせた
月も中天にこおりついたまま
地も動きを止め
海だけがざわざわと鳴っていた
……………
蹠を刺すいたみに私は醒めていった
潮のみちくるように抗(あらが)いの心が高まり
私はひっしにそれにとりすがった
  來てはならない
  連れ去るのでなければ
くりかえし叫んだ
彼は瞼をあげた
眼(まなこ)はぎらぎらと光った


「茨」の続き 並びに 詩集のタイトルにもなっている 「幽界通信」 (超オススメ) を読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

[Fin of Ray] - 某キュレーターさんの美術 (インスタレーション)。

[Fin of Ray] - 某キュレーターさんの美術 (インスタレーション)。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] の会場に忽然。ゴミに見えますが中身は、伊藤洋子が持ち込んだけれど結局使われなかった演出用の小物。片付けてなかったら、キュレーターさんによってテープで区切りを貼られました。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] の会場に忽然。
 
ゴミに見えますが中身は ?
 
伊藤洋子が持ち込んだンだけれども結局使われなかった演出用の小物たちです。

片付けてなかったら、キュレーターさんによってテープで区切りを貼られました。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤洋子の美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

「改正道路」 (詩集「幽界通信」より)。

「改正道路」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。星空にひしゃげた家
堀割はなまあたたかく人間の臭氣を漂わせ
だだっ廣い改正道路どこまでつづく
掘りおこされたガス管水道管
投げ出された黒い肢体
當爲なき水の噴出
地をゆるがせてゆくトラックを幾台もやりすごした
もうもうと砂塵がまきあがっているにちがいないが
見えない
掩われた夜につづく 夜夜

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 02:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ここで新しくやってゆきます。

画像自粛なんと元のブログが公開停止を喰らってしまいました。プロバイダ側の完全な誤認ですが。


続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 09:23| Comment(9) | TrackBack(6) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

「春」 (詩集「幽界通信」より)。

「春」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。身の丈ほどの鮟鱇を
棒に吊るして
二人の男が
通る
鮟鱇の口の洞穴(ほら)
洞穴に傾く
青空
砂地に陽炎
潮のしたたりの
描く
S字模様

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

[星を残して (抄)] - 伊藤洋子の美術 (インスタレーション)

[星を残して (抄)] - 伊藤洋子の美術 (「発熱」のついでに写っている 字だけの紙、それも、[星を残して (抄)] の一部です)。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] 入って左側面の奥まったところ。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] 入って左側面の奥まったところ。

(先立って紹介した「発熱」の方にも、字だけの紙が 2枚ほど飛び散っています。それも、[星を残して (抄)] の一部です。)



続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤洋子の美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

「ある心象」 (詩集「幽界通信」より)。

「ある心象」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。枝を揉む松
粟立つ砂

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

[発熱] (群) - 伊藤洋子の美術 (インスタレーション)

[発熱] (右半分) - 伊藤洋子の美術。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] 入って左側面 奥。左右に広いので、分けて、ご紹介します。

こちら、右寄り。



続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤洋子の美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

「默契」 (詩集「幽界通信」より)。

「默契」 1/2。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。盛りあがった砂丘の胸に
數本の小松が生えていた

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

[後朝(きぬぎぬ)の、] - 伊藤洋子の美術 (インスタレーション)

[後朝(きぬぎぬ)の、] - 伊藤洋子の美術 (インスタレーション)。反物、カフェテーブル、瓶から散らかったパスタ、コラージュ、OHPシートに自作の絵 [如月夜話] のプリントアウト、そして自宅台所から持ち込んだ「ふすま」。「越乃寒梅」に、紙風船。伊藤洋子個展 [後朝(きぬぎぬ)の、] 入って正面、突き当たり。反物、カフェテーブル、瓶から散らかったパスタ、コラージュ、OHPシートに自作の絵 [如月夜話] のプリントアウト。そして自宅台所から持ち込んだ「ふすま」。「越乃寒梅」に、紙風船



続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 伊藤洋子の美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

「鼠群」 「挿話」 (詩集「幽界通信」より)。

「鼠群」 並びに 「挿話」 1/2。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。鼠群
 
 
古い街はとりはらわれた
穴ぐらの闇をつかむ鐵骨
人工の曠野にポツネンのこされた
デパートのてっぺんに

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 03:14| Comment(0) | TrackBack(4) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

金剛寺ハルナさんがどこで誰とつながっているのか調べてみました。

あたくしの大切な友人・兵頭喜貴 (ひょうどう・よしたか) さん の 行く末 が 心配です。
なにしろこのたび祝言を挙げた相手の方。超美人ではございますが、黒い噂のあるお方でございます。
 
この過去記事を ご参照くだされい。
 ⇒ 
[謎の一族・金剛寺家にまとわりつくミステリー。]

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 21:09| Comment(2) | TrackBack(1) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

「すずめ蛾」 (詩集「幽界通信」より)。

「すずめ蛾」 1/2。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。むせかえりながらふと覚めて
顔に掩いかかる邪魔ものをふり拂った
仰向けにもがいていたが
ぱたり起きかえると
一匹のすずめ蛾だ
彼はすが目でじろりねめまわして
云った
  この部屋には出口がない
  それはわしを不安にする
  そのうえお前の鼻腔(はな)にもぬけ道がない
  だいたい お前もよっぽど………
彼はちらり嘲笑ったようだ
  不安はわしをますます大きくする
  見ろ このていたらくを
彼が羽を動かすたびに
それは見る見るひろがって蝙蝠ほどになった
  きりぎりすならすり合わせて痩せもしようが
  わしの羽は厚すぎる
  かんだかい聲をふり上げて
  お涙ちょうだいの芝居より
  こっちがどんなに悲劇だか───



続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

なにしている音に聞こえていたの。

「あれえ、コンタクトレンズが目に馴染んでないなあ。」

まぶたの上から、ごしごし。
くちゃくちゃ、ぴっちゃ、ぴっちゃ。

と やってましたら。

続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

「暗い海」 「遮断機」 (詩集「幽界通信」より)。

「暗い海」 1。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。暗い海
 
 
堀割に
濁流はくねりあふれ
道のなかばを浸している

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:01| Comment(0) | TrackBack(5) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

まほちゃんは今日は国語辞典を引く練習をしています。

「まだ終わってないの。どうしたの。ただ引いて書き写すだけのことなのに。」 
「だって納得できないの。今の並び順が。」 
 
…また何か余計なことが気になってるな…。

続きを読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | こどもむけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

「顏」 (詩集「幽界通信」より)。

「顏」。町田志津子の第一詩集「幽界通信」より。両の手で掩いかくしても眼は見てはならぬものをみつめようとし
口は不埒なことをわめこうとするので
私は顏を草原にふり棄てた

続きを読む
ラベル:幽界通信
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:45| Comment(0) | TrackBack(6) | 幽界通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする