2009年08月31日

伊藤洋子 個展 [卵巣の雲]

[un_nuage_dans_un_ovaire] / 伊藤洋子 個展 [卵巣の雲] DM ハガキ。Ito, Yoko's solo exhibition [un_nuage_dans_un_ovaire]

2009/08/31 月曜 〜 09/05 土曜
11:00 〜 19:00 (最終日 18:00 まで)



場所 :
gallery Yoyogi / ギャラリー代々木
gallery Yoyogi : map / ギャラリー代々木 : 地図
tel. 03-3408-6630
Western Exit in case of Yoyogi Station of JR Line
JR 代々木駅 の場合、西口から出てください。
Exit [A2] in case of Toei Oo_edo Line
都営大江戸線の場合は、A2 から出てください。
4-30-1, Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo, Japan



[un_nuage_dans_un_ovaire] / 伊藤洋子 個展 [卵巣の雲] DM ハガキ 宛名面。こちら、DM ハガキの宛名面です。



伊藤洋子 個展 [卵巣の雲] 関連の記事一覧。

[伊藤洋子 個展 [卵巣の雲]。当時の会場の様子。]

[[卵巣の部屋] - 伊藤洋子のインスタレーション]

[[卵巣と向日葵] - 伊藤洋子の美術]

[[卵巣の雲] 初出 の 7枚 - 伊藤洋子の美術]

[伊藤洋子 個展 [卵巣の雲]] ← 当時の告知。 ← 今ココ。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | 伊藤洋子の美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

「戦争でも始まるのか ?」

そう言って、ニョーボ・伊藤洋子がビビっています。

「かあっこいい !!」
まほちゃんが、目を輝かせて、コーフンしています。

あとからあとから、ヘリコプターがやってきます。

自宅・池袋の上空。

日常、こんな低いところを飛んでることはございません。

脳裏に、先日見た自衛隊の「富士総合火力演習」が蘇ります。
( ↓ 兵頭喜貴氏のミクシィ日記などを参照)
発射
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1267460955&owner_id=4724519

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1267451462&owner_id=4724519
炸裂
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1267455965&owner_id=4724519
炎上
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1269646766&owner_id=4724519
交流
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1269658978&owner_id=4724519
番外篇
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1269669846&owner_id=4724519
74式戦車 (09/01 追加)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1271386689&owner_id=4724519

そう、あの演習のフィナーレ。
地上ではあっからこっちから戦車。
ふと左の山間を見ると、なんと。
蚊柱が立っているかのように わんわんとヘリが湧いています。
そして。
ぐわーーっ。
ヘリたちが一斉に迫ってきます。心象風景ではもう、大空を埋め尽くすかのようです。
上空を通過。
ぷしゅしゅしゅしゅしゅしゅーっ。
眼前に突然の純白の煙の分厚い壁。



て、さすがにそこまでではないのですが、ここ池袋の夜。
ホーフツさせてくれます。

「ああああんまり見てない方が…」
ニョーボは依然、ビビっています。
「やめてー、まほちゃん、ベランタに出ないで。」

まほちゃんは「すごい」を繰り返し、身を乗り出しています。

「落ちるって。危ないって。お願いー、まほちゃん。」とニョーボ。

しかしそれにしても。
尽きません。ヘリの群れ。続々、飛んできます。

ひょっとして。
「旋回してるんじゃないか、池袋上空を。」

というわけで。
「屋上行こうか、まほちゃん。」
ニョーボの不安をよそに、カメラを手に、ふたりで屋上に出ました。

確かに。旋回しています。
かっこいいな。…
すごい数だな。…

しかし池袋に何の用が。
いったい何が起こっているんだ ?





これでした、どうやら。
梨恵華(りえか)さんのミクシィ日記を参照。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1268749405&owner_id=935434



※ 今回の記事は、リンク先がミクシィばっかりで、すみません。ミクシィやってないから見られないんだけど、というかたがいらっしゃいましたら、申し出てくださいましな。紹介状をお出しいたしますので。


続きを見る
タグ:時事
posted by hinden (まほまほファミリー) at 12:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(10) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

なんか…理解されませんでした。

そこはかとないこの違和感をどうお伝えしましょう。

08/27 の セッションです。
誘ってくれた きせん さん (MC 兼 パーカッショニスト) には感謝しています。
しかし主宰は別の人で、どうやら きせん さん自身も 呼ぶ側 というより 呼ばれた側 であるようでした。

主宰の人はというと結局、あたくしの芸は お気に召さなかったようでした。
理解できないのは、まあ仕方のないことですかな。いちいち対応しませんわ。
謙虚にオトナの振る舞いで、時を過ごしておりました。

おうちに帰ろうとするあたりからボディブローのようにフツフツと…。

まあ 何が起き 何を言われたか 事実のみ 経過のみ を 淡々と綴ってゆきます。
ライヴ報告も兼ねて。

まずセッションの方式を説明しておきます。
主宰が組み合わせを発表、呼ばれた 2, 3人が出てきて、やる。
ギター弾く人かペースを弾く人は、必ず 1人は含まれる。
身体表現するとか タップをするとか 「笑い」芸の人とか を 交えてのセッション。
楽器やる人のみの回も 2回くらい ございました。
(なお、以降、ギターとベースとは区別せず「エレキ」と表記します。)

基本的な姿勢 としては、観客不在
楽器弾く人たちにとっては、仲間内セッション
非音楽系の表現者たちにとっては、ワークショップ
そんな感じ。
で実際、たまたまふらっと途中から入ってきた娘さんを除き、観客はいませんでした。



あたくしは 3回、呼ばれました。



1回目に呼ばれた時は、主宰の人のエレキとのデュオでした。

チェロの弓でセロテープ台を擦るところから始めました。
今日は必ずしも辻説法パフォーマンスでなくても自分としてはよかったのですが、なんか暗黙に求められているし、やれば必ずウケが保証されているしで、結局、やっちまいました。あ、そう言うとやらんほうがよかったみたいなカンジですが、いえいえそれは別にやってよかったのですよ。
客席で絡みながらの、もはや定番のパフォーマンス。
「セロテープ台」ではなく「セロテープ」自体を擦りたいと思った時、巻き取られてしまったサランラップの如く、取っ掛かりが見当たりません。「ここで貴殿に頼みがあるんじゃがのう」とアドリブで客 ( ? いや客なんておらんが) にやらせつつパフォーマンス続行。別にこの程度の不確定性はいつものこと。というか不確定な要素が全くなければパフォーマンスじゃないし。

そんなこんなで 1回目の出番は、自分にとっては、何にもハプニングが起こったわけでもなく。つまらないものでした。



2回目。
エレキともうひとり、タップする人で「クダを巻く」系のシャベリをする人と、でした。

この回。自分、すこぶるいい仕事していたはずなのですが、ね…。

始めは あたくし、楽器側に回って (弓でエチケットブラシを擦っていました)、エレキの人と共に タップ ? の介護 を していました。
そのクダリは普通。特筆はなし。ただ導入としては正解で、それでこそその後が活きるというもの。

グダグダ。実にいい感じ。もちろんそうなるように持ってった。あたくしがやりました。本領発揮のグダグダ芸。
終わるかと思ったら終わらない。「あーあ、また始まっちゃったよ」という声が聞こえます。しめしめ。
そのうち、マイクがハウリングを起こします。
あたくし、大喜び。ダンサーでないあたくしにダンスまでやらせてくれるの。え。どういうことか分かりません ?
マイクの位置を変えたりとかの動作・軌跡が「ダンス」ざんしょ。
しかし今にして思えば「もう終われ」の合図だったのかも知れぬ。
そのうちに、めっちゃウマいことに、「やっとれーせんわ」といったカンジで「クダ巻き女」が客席に戻ってしまいます。
舞台と客席との応酬。実に実にイイ格好になりました。最高です。絶好調のままビシッと締めてラストに雪崩れ込みじゃ。

と、その時。

「はいはいー。どうもありがとー。」
手を叩きながら主宰の人が割って入り、強制終了となりました。

あら。

「いやん」とは思いましたが、強制終了されたこと自体は、別になんでもないっす。

なんかエレキ担当してた人が主宰の人から注意されてます。
「てかオマエが責任持って終われよ、ホスト側なんだから。言っとくがオレゃ身内には厳しいぞ。余計なトコで音、出し過ぎ。だから終わんねんだよ。オマエが音 出しさえしなければ終わるんだから。」

…。
ええと…。

いろいろ間違ってるけどどこから訂正してゆきましょうか。

まず、音出すのやめたら、終わるって ?
甘ーい。
完全に無音になったって、パフォーマンスは進行しますよ ?

それから、あの舞台を主導していたのは、あたくしですよ ?
うん。実は、あたくしに言いたかったのかもしれません。
聞こえよがしなコメントをした後は、あたくしとロクロク目も合わせなくなりました。

あと、別に、終われずに困っていたわけでは全然ないし。
また、終わるべきところで終わらなかった、とは、まーったく、思ってないし。

一枠の目安だいたい何分、という暗黙のルール、あるいは、「このくらいで収めなきゃ」という思い込み。そんなんがあったのかも知れませんな。
…知らんがな。

客席に引っ込んだら、また別のエレキ担当の人が、「あんた、あれだけよく、いろいろとがんばった」と声を掛けてくれました。この方は、分かってるように見えました。天台宗の坊さんでもあるようです。



こりゃあ、3回目のお呼びは、もうないな。…
そう感じ、そして実際に、呼ばれぬまま何組か進行。そして最後の一組が決まった後。

「オレ、ひんでんさんとやりたいんだけど。」
また別のエレキの人が申し出。
「いいけどオメェその代わり、絶っっ対に締めろよ。」
やっぱ、エレキの人にじゃなくて、あたくしに言っているんでしょうな。他の人の時にはそんなコメント、出ないんだから。はいはい分かりましたよ。安心して見ていられる程度のを、やったるわ。

[秘すべし秘すべし]。
「辻説法カルテット」の時にも出ず仕舞いだった、秘伝の経文。
本来は presto (アップテンポ) な演奏にノせて、お届けするものですが。…どうアオっても、曲調を変えて来ません。まあええですわ。最後ですし、しめやかにしっとりと、やりましょうよ。



演奏終了。

「ま。許してやろう。あんまり締まらなかったけど。」
早速、主宰の人がそうコメント。



なんと返したものか。二の句も継げぬ、とは、このことか。

許し、要らんし。
講評それ自体、蛇足でしかないし。
教えを請いに来ていたわけじゃないから。そもそも。

うーん。よほど不本意だったんかな、あたくしの回で終わるの。
それにしても、なにをもってしてよしとするかが、まるきり違っています。
しかも、主宰の人の話を、その場の誰もが感心して聞いていました。



最後に、エレキの人たちに共通して見られた、ある種の「思い込み」を記しておきます。
すなわち。
自分たちがしっかり支えてあげなければ。
みたいな。
非音楽系の表現をする人たちに対しての姿勢が、そうなんです、その通りなんです。
その上でなら、安心して自由に遊びまわれるだろ、みたいな。
いきおい、非音楽系側は、「ムチャしたもん勝ち」みたいなことに。
その構図が逆転するところでも見られたら、ちょっとは面白かったでしょうね。
非音楽系の表現をする人たちの志も、だいたい似た感じのようでした。
身体表現の男の子などは、至れり尽くせりの介護の元、たっぷりと遊んでもらって、実に実に楽しそう、嬉しそうでした。ああこれは別に皮肉言っているわけではないです、くれぐれも。それで嬉しい人は嬉しいんだし。よかったね、と思います。ただ自分としては、面倒見てもらわんと遊べない というわけではないですからな。同列に、そういう段階と思われていたとすると、そりゃ、想定がちゃいまっせ、ということも併せて申しておきますかな。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

また同じトコに出ます。急遽、セッションが決定。

16日にも24日にも見てくださっていたパーカッショニスト (時折、総合司会も兼任) さん に 声を掛けていただきました。ありがたいことです (確か きせん さとし さん と おっしゃるおかたです)。

2009/08/28 金曜 OPEN 19:00 START 19:30

【janmah 島村 Approximate jam session】。 Charge ¥1,000 + 1drink ¥500

歌舞伎町ゴールデンエッグ場所 : 歌舞伎町ゴールデンエッグ 03-3203-0405

http://www.g-egg.info/

一言で説明すると
歌舞伎町ドンキホーテの裏
徒歩20秒です

Charge ¥1,000 + 1drink ¥500



[内容] (GoldegEgg ホームページ より 転載)

ACTS (行為) 演奏する行為。踊る行為。絵を描く行為。芝居する行為。
全てを行為と捉えたjam sessionという行為。
IMPROVISATION。曲。などなど個人的思いを人と共有して行きたいと考えています。
1SESSION 5〜10〜15分の演奏。ジャンルは集まった人達で共有して行こうと思います。
毎回のSESSIONで良い演奏のグループには次週のSESSIONでLIVEをしてもらいます。(30分くらい)
ただGUITARを弾きたい人。強い思い入れがある人。
など誰でも参加して仲間を増やして行くように考えています。
もちろん聞くだけでも参加できます。
BASS 相馬隆志/ヨッシー 
Drum 金子さん
GUITAR 白石結城, janmah続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

[辻説法コンチェルト] 上演の模様。

[辻説法コンチェルト] 開始前の譜面台の様子。開始前の譜面台の様子。



[辻説法コンチェルト] 開始前の譜面台の様子。伊藤洋子の詩 [泰山木の花] の後ろに [念佛經] の断片が見え隠れしています (今回、詠まれませんでしたが)。伊藤洋子の詩 [泰山木の花] の後ろに [念佛經] の断片が見え隠れしています (今回、詠まれませんでしたが)。



[辻説法コンチェルト] 開始前の hinden 高橋秀樹 の いでたち。開始前の hinden 高橋秀樹 の いでたち。



[辻説法コンチェルト] 開始前の hinden 高橋秀樹 の いでたち (近影)。近影。



[辻説法コンチェルト]。トイレすら出てきた hinden 高橋秀樹。[もう十六年、左の耳の中にドンキホーテが棲みついている] (寄生するヒーロー) でスタート。トイレから出てきた hinden 高橋秀樹。

[もう十六年、左の耳の中にドンキホーテが棲みついている] (寄生するヒーロー) でスタート。



[辻説法コンチェルト]。基本、客席にて絡みながら進行。最終段落だけは舞台に立ちマイクを使用してお届け。基本、客席にて絡みながら進行。最終段落だけは舞台に立ちマイクを使用してお届け。



[辻説法コンチェルト]。バイオリンの弓で、エチケットブラシ (ズボンのホコリ取るやつ) を演奏。バイオリンの弓で、エチケットブラシ (ズボンのホコリ取るやつ) を演奏。



[辻説法コンチェルト]。バイオリンの弓で今度は、松脂を入れていた箱の蓋を擦ります。そして、舞台に座り込みます。バイオリンの弓で今度は、松脂を入れていた箱の蓋を擦ります。そして、舞台に座り込みます。



[辻説法コンチェルト]。[おかあさん、さむいよお、あついよお、切り刻んでやる、おんなはねむらない、肉を切ってやる] (泰山木の花)。1[おかあさん、さむいよお、あついよお、切り刻んでやる、おんなはねむらない、肉を切ってやる]
(泰山木の花)。



[辻説法コンチェルト]。[おかあさん、さむいよお、あついよお、切り刻んでやる、おんなはねむらない、肉を切ってやる] (泰山木の花)。2(泰山木の花)。2



[辻説法コンチェルト]。[おかあさん、さむいよお、あついよお、切り刻んでやる、おんなはねむらない、肉を切ってやる] (泰山木の花)。3(泰山木の花)。3



[辻説法コンチェルト]。メインの出し物 [修證義 第一章 総序]。再び客席に下りて、絡みながら進行。メインの出し物 [修證義 第一章 総序]。

再び客席に下りて、絡みながら進行。



[辻説法コンチェルト]。メインの出し物 [修證義 第一章 総序]。「よろしいか。」「よろしいか。」



[辻説法コンチェルト]。メインの出し物 [修證義 第一章 総序]。終盤はやはり舞台に還ります。終盤はやはり舞台に還ります。



[辻説法コンチェルト]。「佛祖憐みの餘り廣大の慈門を開き置けり、はァー、くわばらくわばら。」「佛祖憐みの餘り廣大の慈門を開き置けり、はァー、くわばらくわばら。」



[辻説法コンチェルト]。[精神強化療法 ─ 性格改造とノイローゼ療法]。歌ってはいません。朗読しているだけです。テキストは、どこぞの怪しい宗教団体 ? 人格改造セミナー ? の会員頒布の本。どっかの怪しい古本屋でゲットしたものです。[精神強化療法 ─ 性格改造とノイローゼ療法]。

歌ってはいません。朗読しているだけです。

テキストは、どこぞの怪しい宗教団体 ? 人格改造セミナー ? の会員頒布の本。どっかの怪しい古本屋でゲットしたものです。



[辻説法コンチェルト]。[精神強化療法 ─ 性格改造とノイローゼ療法]。2[精神強化療法]。2



[辻説法コンチェルト]。[精神強化療法 ─ 性格改造とノイローゼ療法]。3[精神強化療法]。3



[辻説法コンチェルト]。[彼岸]。[彼岸]。



以上、兵頭 喜貴 氏 の撮影でお届けしました。兵頭さん、どうもありがとうございます。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ここではないどこかへ。

(ミクシィ日記からの転載です。)

どうも皆様。ああもう時間がない…。こうしてミクシィしていられるのもあともう数分。今度は小規模なオイトマになりますが。また、丸二日間、いなくなります。

場所的にも思想的にも、ここではないどこかへ行ってまいります。





16日や24日、ゴールデンエッグでのコンサートもしくは辻説法パフォーマンスに来ていただいたかたがた、ありがとうございます。「辻説法コンチェルト」の方は、音は入間川正美さんが記録してくだすったし、写真はひょーどーさんが激写 !! 激写 !! してくださいました。少なくとも写真は近々お届けしたいと思っております。

今度の金曜に、また同じトコに出ます。つい先程、案内となる日記を up いたしましたが。よろしければこちらもぜひどうぞよろしくお願い申し上げます。





ニョーボの入院・手術、ともみちの入院・手術、に暖かい励ましやらご心配やら、ありがとうございました。今はもう、全く、健康そのものです。

このタイミングでニョーボ・伊藤洋子、個展、始まります。つい先程、案内となる日記を up いたしましたが。よろしければこちらもぜひどうぞよろしくお願い申し上げます。タイトルは あんなん ですが、もともと「雲」じゃなくて節足動物の「蜘蛛」すなわち「卵巣の蜘蛛」というタイトルの習作も、あったんですのよ。早速ネタにした、と思われるでしょうけれど。




まもなく連れ去られる あたくし。しばし、バッハハーイ。
え。どこに、ですって。
ヒント。ひょーどーさんと一緒です。


続きを見る
タグ:速報
posted by hinden (まほまほファミリー) at 07:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

[辻説法コンチェルト] 備忘録。

どんな舞台だったかを忘れないうちに自分用に (あと、後世の伝記作家のために) メモ。



0. 段取り

ひでき : 「適当に始めといて。」
チャーリー & 入間川 : 「あ。結局そうなるのね。」



1. 導入

ひでき、トイレに潜む。
チ & 入、適当に演奏開始。

ひでき、トイレの中からドアを ダンダンダンダン !!
「加藤さーん !! 加藤さーん !! 」

ひでき、トイレから出てくる。
「ドンキホーテはどこですかー !! 加藤さーん !! ドンキホーテはどこですかー !! 」
右往左往するひでき。

※ 会場へのアクセスは、ドンキホーテが目印となっています。



2. 「もう16年、左の耳の中にドンキホーテが棲みついている。」

元テキスト : 伊藤洋子の散文詩「寄生するヒーロー」
http://mahomahofamily.web.fc2.com/poem/month/0012.htm

舞台には上がらず客席で、お客さんひとりひとりに絡みながら。

このようなクダリを随所にオリコミつつ。
 ↓ 
ひでき : 「相棒とはどこではぐれてしまったんだか…知らない ?」
客 : (思わず) 「知らないです。」

※ 話しかけ方や見つめ方の工夫で、お客さんのリアクションを引き出します。

※ バイオリンの弓でエチケットブラシを擦って音を出したりも、しながら。

最終段落のみ、舞台に上がり、ボーカルマイクを使用して (つまり通常のコンサートのスタイルで) お届け。
「帰れないドン・キホーテ。逃げないドン・キホーテ。今も、左の耳の中にいる。眠れないドン・キホーテ。だけど今夜はおやすみ。あんた好みの娘はいつでも用意してある。待ちこがれた唇は決して相手を離さない。食べないドン・キホーテ。だけど明日はお食べ。朝になったら、あんたの好きな料理の匂いを流してあげよう。」



3. 「おかあさん、さむいよお、あついよお、切り刻んでやる、おんなはねむらない、肉を切ってやる」

元テキスト : 伊藤洋子の詩「泰山木の花」
http://mahomahofamily.web.fc2.com/poem/month/0064.htm

舞台上で座り込んでお届け。

※ バイオリンの弓で「松脂を入れていた箱の蓋」を擦って音を出したりも、しながら。



4. 「修證義 第一章 総序」

元テキスト : 道元の同名の曹洞宗のお経

08/06 の
[終戦記念日 明け、10分間の法要 Live]
http://hinden.seesaa.net/article/125348026.html
でもお届けした演目。
やはり舞台から客席に下り、「2.」と同じカンジでお届け。

ここの部分に関しては、一撃必殺、08/06 の方が より ノってたかもしれぬ。

※ 元々はこの演目から始めようとしていました。やる順番を変更したのは、08/06 の舞台で結局 辻説法ネタ すなわち この演目も披露しちゃったため (「今回の予告編」みたいな感じで)。しかも、この演目から始めていたんで。その影響で本来ならあえて外す予定だった 伊藤 洋子 モノ すなわち 「2.」「3.」 を やっぱ やる、ということになりました。



5. 「精神強化療法」

元テキスト : 「精神強化療法 ─ 性格改造とノイローゼ療法」
(どっかの怪しい宗教団体 ? 人格改造セミナー ? の会員頒布の本。どっかの怪しい古本屋でゲット。)

「いやいや人生には苦悩が多過ぎますな。ねえ。のう。な。」などと急なタメ口で開始。
少し「読み聞かせ」風。
ワザとグダグダに話を運んでゆきます。
「あ、違いますね。この統計、いつのでしょうか。」とか
「あ、ここも今では古いですね。この本いつ出たんで… (奥付を見て) 昭和三十四年 ?」とか
戦略的にトボケながらやっておりましたら、
「あと3分程度でまとめて」
みたいなカンペが出ました。



6. 「彼岸」

唯一、「楽曲」となっているのが、この演目。
楽曲のクダリを入れたほうがいいのか辻説法ネタのみで終始した方がいいかは考えが分かれるところかも知れぬ。
一種の見栄かも知れぬ。「普通にいい曲を普通にお届けすることだってできらい」てな。
しかし終止感は間違いなく出せるでな。



7. シメ

「願わくば此の功徳を以て普(あまね)く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に佛道を成(じょう)ぜんことを。」

「懺悔文 (さんげもん)」 (三称)
我昔所造諸惡業。
皆由無始貪瞋癡。
從身口意之所生。
一切我今皆懺悔。

で、しめやかに終了。



以上。
用意しておいたテキストはあったものの、出す順番とか展開とか、一切が進行しながら はじめて 決まってゆきました。
終始、アドリブにてお届けしました。
用意していたネタは、余裕で半分以上も残りました。出さずじまいのネタは、また今度。

参考記事。

[エチケットブラシと弓 - 高橋秀樹のアイテム。]


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

辻説法コンチェルト。

チャーリーさんと入間川さんは、なんと初共演です。
また、ひできは、チャーリーさんとも入間川さんともまだデュオしたことがございません
(全 組み合わせ、初)。

今回、段取りとか、ほぼ、なしで、ぶちかまします。
ワザと、そうしました。人選も含めて。
即興性の高い舞台は、高橋秀樹にとって、意外と珍しいです。

(本来でしたら、ひでき、台本とか きっちり書いておきたがり。作曲家を自称してますしね。案外あたくし、アドリブの人じゃあないのよ)。



チラシは、こちら。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hinden/live/sermon/20090824_sermon.htm





[辻説法コンチェルト]

2009/08/24 月曜 
OPEN 19:00 START 19:30

[hinden] 高橋秀樹 (辻説法・各種 飛び道具)[hinden] 高橋秀樹 (辻説法・各種 飛び道具)



加藤チャーリー千晴 (ピアノ・バイオリン)加藤チャーリー千晴 (ピアノ・バイオリン)



入間川正美 (チェロ)
入間川正美 (チェロ)



歌舞伎町ゴールデンエッグ場所 : 歌舞伎町ゴールデンエッグ 03-3203-0405

http://www.g-egg.info/

一言で説明すると
歌舞伎町ドンキホーテの裏
徒歩20秒です

Charge ¥1,000 + 1drink ¥500

【GEブッキングライブ】という企画の一枠として出ます。

出演 :

19:30-20:00・仏教説話 辻説法コンチェルト
20:05-20:35・關 伊佐央
20:40-21:10・LOVE ME TENDERS
21:45-22:15・佐藤龍一
22:20-22:50・HIP DE DIP


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

後ろの子供らの会話が気になってたまりません。

ワケ分からな過ぎる…。

バンで移動中、後ろの席で Mさんトコの子供らが会話してます。
高一のお姉ちゃんと中一の弟さんです。

弟「ねえ。『岡山県』って、食べたらおいしそうじゃね ? 」
姉「知らんがな、んなこと。あ、でも『山梨県』だったら分からんでも。」

…普通、「都道府県」を食べようとするか ?

弟「じゃあさ。『福岡県』は ?」
姉「あ、それは 塩加減による わ。」

応ずるなー !! 姉。
しかも「塩加減」てなんじゃ、その意味不明なカエシは。





ヒトゴトながら、Mさんトコの子供らがオラ、心配だド。
そもそもそういうシュールって、保育園児くらいの子たちにむしろありますよね。
その頃の感性を保ったままここまで成長して来ているってことか…。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | こどもむけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

伊藤洋子、退院しました。そして明日は高橋秀樹がコンサート。

いろいろな意味で「ただいま」。

まずはニョーボ。祝、久々の娑婆。シャバダバダ。
終わってみれば、なーんにも心配要らなんだ。
さすが頑丈が取り柄の伊藤洋子。
一切の延長なく、最短で退院しました。

入院中、あたくしぁ、ちょっとしたコンサートもございました。
終了後に、着替えの間も惜しんで、ニョーボの病室に駆けつけました。
抜糸もまだなのに、元気元気。病院内をうろつき回ってはります。
あーこりゃ大丈夫だぁ。あきれるほどじゃ。もう放っといても問題なし。

であれば、例年通り、こどもら連れて ばあちゃんち じゃな (名古屋の近く)。
例年のことだし、まほちゃん前々から楽しみにしてたし。
しかも去年はまほちゃん単独で行った。つまり ともみちは行ってない。今回は行かせねば。ともみち、2年ぶりの海。脳の刺激に、ヤッパこのメニューは外せない。

で、よーこ入院の隙に、行って戻って来ました。実家っつったって、のんびりできたわけじゃない。ともみちは いつ脱走・放浪するか分からんし。母親いないからボク母親の代わりでもあるし。「海を体験させる」という任務を中心に、体験学習、目白押し。とことんまで詰め込んだスケジュールで、どっとクタビレました。

よーこ退院は、家族総出でお迎えに行きました。

ミクシィもブログも、しばらく止まっていました。そういった意味でも、「ただいま」。
「ブログは一日一件のペース」と自ら課したノルマ。
ぼそぼそと今日やりはじめ、やっと今、昨日の分のところまで来ました。
よろしければブログ、今まで更新していなかった分、今からでも読んでみてくだしゃんせ。

マイミクさんたちの日記も、未読分がたまりまくってまする…。
…こりゃあ、もう無理ぢゃな…。全部読むの…。全部読みたいんだけど…。

というわけで、ミクシィだのブログだのから遠ざかっていたここ一週間の近況報告でございました。ああ、どうもどうも。

で、明日は あたくし高橋秀樹、コンサートです。
ぜひぜひ、お越しくださいませ。よろしくどうも。ぜひぜひ。
詳細コチラ。
[辻説法コンチェルト]
http://hinden.seesaa.net/article/125736058.html


続きを見る
タグ:速報
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

化石がごろごろ転がっているところに行きました。

化石がごろごろ転がっているところに行きました。岐阜県・瑞浪の土岐川。



岐阜県・瑞浪の土岐川。河川敷にごろごろ転がっている石。どれを割っても何かしら出てきます。河川敷にごろごろ転がっている石。どれを割っても何かしら出てきます。



「ともみちくん、気を付けて。」やさしいお姉ちゃん (に見えます)。ともみち くん、気を付けて。」
やさしい お姉ちゃん (に見えます)。



「あ。これ、よさそう。」「あ。これ、よさそう。」



ともみちくんは興味なし。ともみち くん は 興味なし。



トンカチで割ってみましょう。トンカチで割ってみましょう。



なんか出てきました。貝殻でしょうか。普通の二枚貝のようですが、これ以外にタチ貝の仲間がよく見つかりますね。あと、葉っぱの化石とか。なんか出てきました。貝殻でしょうか。普通の二枚貝のようですが、これ以外にタチ貝の仲間がよく見つかりますね。あと、葉っぱの化石とか。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

まほちゃんて案外すごくね ?

まほちゃんが、捕まえたセミをバッジのように自分の胸にとまらせているところ。虫を捕まえる才能。
飛んでいる最中のトンボを素手でガッと捕まえたり、普通できる ?

飛んでなければ、それこそ、小一時間のうちに 3匹くらいは捕まえてるぞ。

野生で まほ ちゃん に 捕まるようなトロい動物はいないかと思っていました。現実は全然違っていました。

写真は、捕まえたセミをバッジのように自分の胸にとまらせているところ。この日もセミを立て続けに 3匹 捕まえました。素手で。うち 2匹は、同時。右手と左手で。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | まほ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

コンサート終え、そのままの姿でニョーボの病室に登場。

コンサート終え、そのままの姿でニョーボの病室に登場。よーこ撮影。入院中のニョーボのことも心配。というか会いたいからな。着替えの間も惜しんで駆けつける。
この写真は、よーこ撮影。



コンサート時の記録を何も残さなかった…。せめてこれをご覧くだされ。帰宅後、まほサンに撮ってもらいました。台所で。コンサート時の記録を何も残さなかった…。せめてこれをご覧くだされ。帰宅後、まほサンに撮ってもらいました。台所で。



コンサート時の記録を何も残さなかった…。せめてこれをご覧くだされ。帰宅後、まほサンに撮ってもらいました。台所で。角度を変えてもう一枚。角度を変えてもう一枚。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

ぼくのこと「いい子いい子」してくれてありがとう。(ライヴ報告やら雑感やら)

母性本能くすぐる書き方をしたためか、女性の方々が見に来てくれました。
「こういう時には来てくれる」と信じていた人たちが来てくれました。
どうもありがとう。

なんのことかと言うと、08/16 にやった、これ。
 ↓ 
[終戦記念日 明け、10分間の法要 Live。]

結局、辻説法パフォーマンスもやりました。
てか、それから始めました。
客席からいきなり始めました。
エチケットブラシを弓でこすりながら
客いじりしながら
「シュショウギ」を超・抜粋にてお届けしました。

自分のいろんな側面をバランスよく自己紹介、ていった感じの舞台となりました、最終的に。

で当初予定してなかった辻説法パフォーマンスが結局、特に皆さんの印象に残ったようです。
次回の [辻説法コンチェルト] の予告編みたいな感じにも、なっていました。

あと、MC ね。
対バンの大体の方々はリハの時に見ているし、本番でも大体見ていてくださっていたから、
ヴァリエーションしました。
「リハの時にも申しましたが」とかあえて言いつつ、
「そうじゃ、あたくしぁ、MC がいちばん心配なんじゃ。だからリハでもMCを中心にやらせてもらった。」
みたいなこと言って期せずして笑いを取りました。





参考記事。

[エチケットブラシと弓 - 高橋秀樹のアイテム。]


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

「アート・コスモス展」。入院中にも 伊藤 洋子、グループ展あります。

テーマ 
- 生命 (いのち) -

- NPO法人『国際芸術宇宙センター』設立記念 -

ということだそうです。

以下、2箇所にて開催。
はじめに「アーチストスペース」で始まり、
ラスト 3日間で「ギャラリー悠玄」でも展示 (つまり同時に 2箇所) となります。



続きを見る
タグ:グループ展
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グループ展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

終戦記念日 明け、10分間の法要 Live。

完全ソロ・自作曲のピアノ弾き語りをいたします。
作曲家としての面目躍如・凝縮のひとときでございます。
演奏時間は、たったの 10分でございます。ああっという間に終わってしまうため、いらしてくださいとお願いするのもはばかられるほどですが、それでも、レア極まるこの舞台をぜひご覧いただきたく存じます。皆様のお越しをお待ち申し上げます (誰も来なかったら、いじけちゃうからねっ…)。

2009/08/16 日曜 OPEN 13:00 START 13:30

【弾き語りデイ】という企画での、おーぷにんぐあくと となります。 Charge ¥1,000 + 1drink ¥500

歌舞伎町ゴールデンエッグ場所 : 歌舞伎町ゴールデンエッグ 03-3203-0405

http://www.g-egg.info/

一言で説明すると
歌舞伎町ドンキホーテの裏
徒歩20秒です

Charge ¥1,000 + 1drink ¥500



[お届けする内容]

自作の歌曲集「幽界通信」より、「幽界通信」「暗い海」「彼岸」を、真摯に、お届けいたします

歌詞 (テキスト) は沼津大空襲もあった沼津在住・戦争未亡人の詩ですので、終戦記念日明けの 8/16 は、日取りとしては まことにイイ感じです。

「彼岸」は、あの伝説の、「マンダラ・ツー」デビューにおいて、さが ゆき さん (コーラス : 富塚 研二 さん) によって歌唱された楽曲。一部の人々から (ありがとうございます) 「名曲 ! 」 との評価をいただいております。

なお、これだけでは重く暗い感じになるといけませんので、
アホアホソング (マボロシの傑作・究極のアホ唄)
も、ついでに、「抱き合わせ販売」にて、お届けいたします。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

しばらくまたミクシィからいなくなります。

このあとすぐ続けてもう一本だけ日記を up いたしますが。日記じゃないか案内を。



いろいろバタバタしておりまして皆様の日記もろくろく読めておりませんが、一週間くらいもすりゃ多少は落ち着いてくる予定です。



そんな昨今ですが、こういうことしている余裕は残しております。
 ↓ 
[終戦記念日 明け、10分間の法要 Live。]
http://hinden.seesaa.net/article/125348026.html
よろしければ明日、これ、見に来てくださいな。10分間だけ、ですけれど。
誰も来なかったら、泣いちゃうからねっ…。



続きを見る
タグ:速報
posted by hinden (まほまほファミリー) at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

[マイミク限定解除] 浣腸プレイや剃毛ショー、そして本番についてのレポート。

マイミク限定でミクシィ日記に載せてあります。
取り急ぎ。
→2009/09/06 マイミク限定解除。
既に退院しセキュリティ上の理由がなくなったため公開の制限を解除しました。以下、ミクシィ日記より転載。
 
続きを見る
タグ:速報 豆知識
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ドラキュラの ぱぱ と、悪魔の まま が、ラブラブ。

Dracula_Hideki_and_Demon_Yoko / ドラキュラの ぱぱ と、悪魔の まま が、ラブラブ。あと、左上の蝙蝠が、いい表情だと思いますデザイン的に。

あと、雲より手前に月。ありえん。雲と雲の合間の距離に月を置く表現。なにか元となるようなマンガでもあったのでしょうか。

なお、まほ ちゃんまま さん を 描く時は必ず、ほっぺに青いホクロを描き入れます。



続きを見る
タグ:まほアート
posted by hinden (まほまほファミリー) at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | まほアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

えっへん。鼻高々。まほちゃん、算数の文章題を自分ひとりだけの力で解き切りました。

えっへん。鼻高々。算数の文章題を自分ひとりだけの力で解き切りました。心象風景では、東京タワー 333 m より、富士山 3776 m より、鼻が伸びています。

図の下方では、「ししおどし」がカポンと音を立て、招き猫が「いらっしゃい」と言っています。心象風景では、東京タワー 333 m より、富士山 3776 m より、鼻が伸びています。
下図では、「ししおどし」がカポンと音を立て、招き猫が「いらっしゃい」と言っています。

続きを見る
タグ:まほアート
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まほアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

幸せとは何だ !

posted by hinden (まほまほファミリー) at 14:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

鉄道マニアでなくても惹かれる画像の数々。

[【3次元】JR画像スレ カナ速]

マニア予備軍がマニアに、ノンケが予備軍に、今、席替えが行われました。





後記。

特に何番と何番に惹かれるか、が、きっと人それぞれ。相当バラケるのでしょうなあ。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日気になった赤の他人のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

[Sどの限定] え。なに。まいんちゃん ? …んじゃ、これ。

[【ロリコン速報】 NHK教育番組 「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のまいんちゃんが露骨に成長期でリアル嗚咽:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)]



ええーと…。テレビ見にゆくの、遅すぎぢゃったかのう。…
わずか三ヶ月まごまごしてただけなのぢゃが。…

…でも、今の方がいいという人もいらっしゃるし。…


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日気になった赤の他人のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

病院名・入院期間のお知らせ、こちらに up しました。

マイミク限定でミクシィ日記に載せてあります。
取り急ぎ。
→2009/09/06 マイミク限定解除。
既に退院しセキュリティ上の理由がなくなったため公開の制限を解除しました。以下、ミクシィ日記より転載。

続きを見る
タグ:速報
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

[ウチの まほ 情報] 炊飯器でホットケーキも作れます。

炊飯器を使った かんたんケーキ。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ニョーボ 伊藤洋子、卵巣・卵管の全摘出手術で入院。

現在、二人展の真っ最中 である 伊藤 洋子 ですが、それを終えたら、ほどなくして入院します。

続きを見る
タグ:速報
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

[グロ注意] 真夏の恐怖 !!! 炊飯器に入り込んだモノ。

米を研ぎ終え、カマを炊飯器にセットし、蓋を閉め、「炊飯」ボタンを押そうとした時です。

ちろっ、ちろちろっ。炊飯器の外壁を這うモノ。
「G」です。小さいタイプの方。

困ったな…
蓋閉まっているとはいえ、中に食べ物が入ってるんで、スプレーするのがためらわれるんだが…

と思っている間もなく !!!

しゅるっ。

ちょ !!!! ちょっと…。なにしてくれるの。

… 入り込みやがった…。
「ちょうつがい」というかね、蓋と本体との間の接合部分。
そのスキマから、中に。

ええっ。えええええっ。

…ど。どうしよ。どどどどうしたら…。

意を決してガバッ ! と蓋を開けます。…

誰もいません。…

とりあえず、カマを外して、どっか違うトコに米を隔離いたします。
炊飯器は、蓋を閉めます。



さて。
どうしてくれようか。
蓋を開けて、中にいない。ということは…。
蓋自体の内部、すなわちメカの部分に入り込んだか ?
…それはそれで嫌だ。
「G」成分入りの蒸気。水滴となって染み出て御飯に ぽたっ と落ちるのか ?
…それは断じて困る。

蓋と本体との間のスキマ目がけて、シュシュシュシュのシューーーーーーッ !!!
もうイッチョ、しゅううううっ !!!

しばらく見守ります。何も出てきません。
蓋を開けてみます。スプレーが渦を巻いて本体の底へと降りてゆきます。しかし誰もいません。
いないなあ。出てこないなあ。蓋を閉めてっと…うわっ!!!

ホラー映画の定番のようなタイミング。怪しいと見に行って結局なんともなくてホッとして振り返ったときに居た〜 !! みたいな、最大限ビックリさせるような出方をするんじゃない !!

大慌て、というったカンジで、高速度で飛びだして来ました。「G」が。接合部分から。



しかし出てきたのが一匹でよかったわい。わらわらっ、と出てこられたら発狂モノじゃ。今 たまたま ポンツク一匹だけが迷い込んだだけかの。別にお気に入りスポットになっているわけではないかの。信じていいかの。



しかしどうする。殺虫剤まみれの蓋。オマケに「G」が這ったあとの蓋。しかも主にその蓋の内部が汚染。

蓋が外せて洗える、てタイプの炊飯器じゃないんだけど…。しかし洗わぬわけにゆかぬ。表面拭いたってしょうがない、内部が洗い流されないと。

水道の水をスキマに。どぼぼぼぼぼぼ。ざざーっ。どぼぼぼぼぼぼ。ざざーっ。どぼぼぼざーっ。
洗いました。

蓋を開けたまま、しばらく放置 (蓋は本体の端から垂直に立った状態)。

なにこれ、イヤーン。
茶色い汁。
接合部から、じょわ〜、と染み出ています。
イヤイヤ、なにこれ。この茶色い汁。あとからあとから。

たぶん、おコゲ成分だと思う。それか、炊き込み御飯だってよくやるんでそれの…。
ええ、ええ、きっと食べ物起源の色でしょうよ、そうでしょうとも。
しかし。しかしっ。
茶色。この色彩は。… ××××ジル ? … とか ? …
んなわきゃねえだろがっ。

執拗に洗います。
何度洗い直しても、染み出してきます、茶色い汁。
繰り返し繰り返し洗います。なかなか薄くもなってきません。
まだまだっ。…。まだまだっ。…。



やっと薄くなってきました。
蓋の内部に水を入れては、かぽぽぽぽぽ、と水を出します。あとなんサイクルか繰り返し…。

今日ントコは このへんでカンベンしといたらあ。

あとはある程度、内部が乾くのを待って、と。



数時間後。
やっと飯が炊けるう。飯が食えるう。
炊飯器、スイッチオン。

無反応。電源が入りません。どのボタンを押してもまったく反応ございません。

壊れました…。

「後記」 (豆知識) を読む
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

伊藤洋子 × MAYO × パフォーマンス展。

伊藤 洋子 参加の 2人展の案内です。

伊藤洋子 × MAYO × パフォーマンス展

2009年08月02日 (日) 〜 08月08日 (土)

12:00〜19:00 (最終日は 17:00 まで)

なお、会期中にヴァイオリンリサイタル、あります。その時間帯も含め入場無料です。
08月08日(土曜)14:00〜17:00 間に 3公演 (ヴァイオリン奏者・竹内章人によるパフォーマンス)。
奏者のURL



地図。アートイマジンギャラリー場所 :
アートイマジンギャラリー

〒186-0002 東京都国立市東 1−15−33 ヒロセビル 502号室
TEL & FAX : 042-595-9612
最寄 : JR 国立駅

(※ 今回の組み合わせは、ギャラリー側の人選です。)



伊藤洋子 × MAYO × パフォーマンス展



fish 01 / さかなつり 01[fish 01 / さかなつり 01]
(クリックで拡大画像。)

※ こどもたちのために自作した「さかなつりセット」より。


続きを見る
タグ:グループ展
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | グループ展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

誰の誕生日でもないのに、

「はっぴぱーすでー」の歌を歌っていました。

ついに長らくかかわっていた浜松町でのプロジェクトからもサヨナラです。八月は在宅の仕事が主になり、収入がさらに半減いたします。

末期の頃。
貧乏な あたくしは、お茶でもコーヒーでもなく、お湯を飲んでいました。浜松町の給湯室でタダで手に入るんで。

わびしさゆえか、口を衝いてでる鼻歌。「ツー・ユー」の部分のみなのですが…。





「お〜湯〜」。


続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 12:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SE 職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする