2009年07月31日

全身麻酔から目が覚めて。

全身麻酔から目が覚めて。痛み止めが効いているんで痛くはないらしいです。口の中が痺れてて違和感が凄いらしくて、それで泣くことがあるらしい。痛み止めが効いているんで痛くはないらしいです。口の中が痺れてて違和感が凄いらしくて、それで泣くことがあるらしい。



全身麻酔から目が覚めて。ご機嫌が直りません。点滴のために片手に添え木が当てられ ごんごんに ぎゅんぎゅんに包帯が巻かれていました。それが嫌。取りたくてしょうがない。それを抑えられ、尊厳を傷つけられた、自由を束縛された 系で、怒っています。痛い・気持ち悪い より それが大きいようです。ご機嫌が直りません。点滴のために片手に添え木が当てられ ごんごんに ぎゅんぎゅんに包帯が巻かれていました。それが嫌。取りたくてしょうがない。それを抑えられ、尊厳を傷つけられた、自由を束縛された 系で、怒っています。痛い・気持ち悪い より よっぽど大きいようです。



全身麻酔から目が覚めて。じたばたしてるうちに 遂に点滴のチューブが外れてしまいました。ナースコール。麻酔医も飛んできました。「あ、じゃあもういいですよ。」「もういいって… (なんのために必死になだめたり抑えたりしていたの) …この点滴、中身はなんですか。」「アクエリアスみたいなもんです。」「…」「水、飲ましてみて飲めるようならいいんで。」   要らんわ。じたばたしてるうちに 遂に点滴のチューブが外れてしまいました。ナースコール。麻酔医も飛んできました。「あ、じゃあもういいですよ。」「もういいって… (なんのために必死になだめたり抑えたりしていたの) …この点滴、中身はなんですか。」「アクエリアスみたいなもんです。」「…」「水、飲ましてみて飲めるようならいいんで。」

要らんわ。



全身麻酔から目が覚めて。今度は、悲しがり出しました。くすんくすんくすん。どんな悲しい過去を思い出したの。前世で誰と死に別れたの。   メランコリックな ともみち くん。今度は、悲しがり出しました。くすんくすんくすん。どんな悲しい過去を思い出したの。前世で誰と死に別れたの。

メランコリックな ともみち くん



全身麻酔から目が覚めて。完全に すねてしまいました。   まとめ (本日の経緯)。   そんなに 怒るなよ。 ↓ そんなに 悲しがらんでも。 ↓ そんなに すねないで。完全に すねてしまいました。

まとめ (本日の経緯)。

そんなに 怒るなよ。
 ↓ 
そんなに 悲しがらんでも。
 ↓ 
そんなに すねないで。



追記。全身麻酔前の様子。

ご機嫌で手術室までお医者さんたちと手をつないでやってきました。
ご機嫌で麻酔用の椅子に座ります。
麻酔医さん、「じゃあ、ともみち くん、コレやるよお。」
ガス出てるの を、口に当てようとします。ばたばたばたっ。「うわっ。」…ばたばた…「抑えて。抑えて。」大人何人がかりだったでしょうか。ばたばたっ。

「はい。もう力抜けたんで、放していいですよ。」
え。もう ?
ものの 30秒くらいだったでしょうか。それでも ともみち くん は よく抵抗した方だそうで。
すごい。げに恐るべし、笑気ガスの威力。
ほしーい。これ、ほしーい。毎晩ほとほと困り果ててるし。「セルシン」とか、なんにも効かないし。これで寝ないともみちを…。

(参考)
[猛獣用の麻酔銃が欲しい。]



特記。[豆知識] 過剰歯とは。

永久歯32本以外に生えてきた、完全に余分な歯 です。歯並びが悪い、とか、あごが細すぎて全部の歯が収まりきらなかった、とかではございません。



追記。

「カジョーシって、なんか響きがいやらしい。」
「腹上死やないで、よーこ ちゃん。」


後記。

ともみち くん の手術・入院は、終わりました。次は ニョーボ・伊藤 洋子 の手術・入院です。直前に グループ展 もございますが。たぶん死なんと思います。直後に 個展 も控えてますし。こりゃ死ねんわ。


posted : 2009/08/01 11:30





Takahashi, Hideki / 高橋秀樹----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
blogram投票ボタン
----------------------
最近コメントは主にミクシィに付いています
(ニックネームは、「ひんでん高橋秀樹」)。
posted by hinden (まほまほファミリー) at 22:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ともみち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だかえらいことになっていますね。
何か罰が当たったんでしょうか?
確かに、言葉が分からないと、部分麻酔手術は拷問そのものですね。

頭の中の腫瘍が肥大化して、危険な状態になったとき、左の
鼻の穴からカメラ、右の穴から鉗子を突っ込まれ、さんざん
ほじくりまわされましたが、治療だと分かっていなければ
耐えられなかったと思います。
Posted by 兵頭 at 2009年08月02日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124710095
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック