2017年06月22日

「ニューサイケな人々」。演者・客の区別もなく、場内・場外の区別もない。

ダイゴミの部分についてだけは、記録がないです。なぜなら、場内の全員が、発信する側に回ってしまっていたからです。

舞姫・Norihiko Nakamura 氏により、ピアノ弾き語りのための腕の動きが制限されているところ。(かつ、おそらく無自覚)
「ニューサイケな人々」。演者・客の区別もなく、場内・場外の区別もない。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=220204525158459

いいツーショットやね。
そして客席空間でも同時多発カオスだったんですが、そっち向いたショットはなく残念。しかし、捉えきれるのか、伝えきれるのか、ということはございます。よしんば記録を残せていたとしても。



RT
石井 康幸さんが動画4件を追加しました — 友達: 中西 孝明さん、Daisuke Horieさん、Norihiko Nakamuraさん、ひんでん 高橋 秀樹さん
6月10日 23:00
 ↓ 
https://www.facebook.com/ishii.yasuyuki.568/posts/600389503497901
 ↑ 
中西 孝明さんの「ニューサイケな人達」に行ってきました。
ジャンルに関わらず、音を楽しむ。曲中に乱入OK!その場のインプロバイズド可能なライブ!
面白かった。奄美出身のホリエダイスケ君も独特の世界観でよかったなぁ。中西さんは今回ホスト役というか、茶化し役というか(笑)
ひんでんさん、ラストを飾るカオスと弾き語りのタイトロープ!誰が演者で誰が観客だかわからない!パフォーマンスの中村君は #takkiduda からの参戦!所狭しと動き回る!
こういうのがあって良いじゃないか。
面白ガッタァ!
(最後のカオスは自分も参戦したため動画はないですが。)



[補足]
注。ありがちな「観客参加型」セッションとは性格が異なるものです。



[覚えてないが、セットリスト]

「DILEMMA」 (ピアノ演奏のみ)
辻説法、テンション高め 2回。抑えめ 1回。
ピアノ弾き語りで、
「ミルキー食べて歯科衛生士さんに怒られちゃったよーsong」
「分倍河原でグッバイガール」(蔵出し、初お披露目)
「彼岸」
「ちょうど来る電車」(以上、自作曲)
「チョコレートは明治」
「伊勢佐木町ブルース」(青江 三奈)
「扉」(谷山 浩子)
「小さな喫茶店」(タンゴ)
「甘い生活」(野口 五郎)
「別れの朝」(ドイツ人のシャンソン)

以上は、下記と同時だったり。

・「ひょわひょわマシーン」
・毛笛
・明治マーブルチョコの空き箱そのほか
これらは自分のほかに場内の誰でもが、よかれと思ういつでも鳴らすことができる。
そこに途中から、
舞姫・Norihiko Nakamura 氏 が絡みつく。「ひんでんちゃんカンオケ」も持ち込まれ、またひとつ異空間・異次元との錯綜がプラスされます。

アンコールをいただいたので、予定にはございませんでしたが、
「Suliko 〜 ダブルひんでんのテーマ」
をピアノ弾き語りしました。(もちろん、舞姫 付)



前前号の日記。
 ↓ 
[「ニューサイケな人々」開始前。お出迎えするのは、生身ではない人間。]
http://hinden.at.webry.info/201706/article_15.html

前号の日記。
[ひんでんさんにホレている (←注・妄想) 美女が、ひんでんさんのこと、カッコよく撮ってくださいました。]
http://hinden.at.webry.info/201706/article_16.html
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=220204508491794



そうそう、その美女さんね。
「ひんでんちゃま」
という新しい呼び名を開発しましたよ。
(「ひんでんちゃん」とも「ひんでんさん」のこと、呼んでいましたが。)

そうそう、そのイタズラ者の美女さんですが、
開始早々、ブーブー風船を鳴らしてくださいましたの。
で、
めっ
て言われてました。
もーう、おかしくって。
メロウに、ピアノのインストから始めてたんですが (ピアノ弾きながらも、話し声は聞こえていたのね)、
「それはさすがに違う。ひんでんさんのバーイ かなりなことまで やってもいいんだけど、ココじゃない。今は静かに聞くべきところだと思う。」とかなんとか、たしなめられて、てへぺろ していた模様。
いえいえ、ありがとうございます。他の皆さんが でんでに 主体的に イタズラ発信する その、第一発 を ヤってくださったわけです。



コレでした。
 ↓ 
[06/10 土曜。デタラメな ひんでんさん が見られます。一枠60分。川崎、高津で1番怪しいお店 溝ノ口バグース にて、ナカニシタカアキ presents「ニューサイケな人々」]
2017/06/10 土曜。デタラメな ひんでんさん が見られます。一枠60分。川崎、高津で1番怪しいお店 溝ノ口バグース にて、ナカニシタカアキ presents「ニューサイケな人々」
http://hinden.at.webry.info/201705/article_33.html



[次号 予告]
さらに しつこく、あともう一発だけ、続くのだ。
 ↓ 
[「分倍河原でグッバイガール」。痛い痛い、幻の、「若気の至り」自作曲。]
http://hinden.at.webry.info/201706/article_18.html
(ひんでん さん の、過去のコイバナ)

hinden Takahashi, Hideki ひんでん 高橋 秀樹 | facebookひんでん (ユリコ暴走)(@Gemini_hinden)さん | Twitter


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

[events]
イベント情報一覧
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hinden/live/
posted by hinden (まほまほファミリー) at 03:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック