2022年04月27日

[音楽理論] コードから必須でない構成音を省いて演奏する。(ひんでんさん代表曲「彼岸」を例に説明)

「コードも足し算かと思いきや割と引き算だったりして、コードの概念が爆発しましたw」(from ドドコちゃん)

続きを見る


posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 13) 「E」のはずが「D」だと主張するギタリスト。(key of A の曲にて)

その昔、ギター弾き語りソロのカタにピアニカでサポート参加したことがございました。(即席2人組ユニット)
「この曲の飾り付けを頼む」と送られてきたデモテープとコード進行表にメール返信。
「ここの箇所は「D」でなく「E」のほうがよい」と。そしたら、
「弾いてもみましたが「D」ですね。作った本人が言うんだから間違いないです、キリッ。w」

いや「キリッ」じゃないですよ、作曲者本人がいちばん曲のこと分かってるとは限りません。(シャンソンでしたら「アダモ」など随分と間違えてます。「ああすりゃもっとカッコいいのにこうなってる」てケース、多いんだから。)
で、
 
・ボーカルは極力ベースとは同じ音を取らないのが基本中の基本であること (なのにシッカリ同じ音に落ち着いたのちロングトーン…)
・コード進行上もココは 4番目のコード (DM7) でなく 5番目 (A7) をアテハメるのが自然
 
てことを申し上げました。そうしましたらば、
「いや「D」ですって。第一、メロディが「D」の構成だもの。」

違ーう、そもそもそれが大きな間違い、ボーカルはベースと同じ音を取らないばかりでなく、コードの構成音 (5度や3度) からも外れていたほうがいいの。ココで「E」にしといたら、ボーカルの音型が見事に2度ずつ全部 コードの構成音から外れてることになり、サイコーにクールなのにィ。

て、ココで。ハタ !! と。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 06:43| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

[商業音楽で GO !!] [コード進行編 10] [ベース編 02] ベースだけが いっこずつ下がってゆく よくあるアレの、正しいコード表記。

バンドの皆さんは ずっと「ドミソーーー」と演っている中、ベース担当の人だけが「ドー、シー、シbー、ラー」と下がってゆく、アレです。
心情的に こう表記したくなるヤツ。
(以降、キー「C」の場合を例に)

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 06:30| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

[商業音楽で GO !!] [コード編 15] [ベース編 01] ベースはルート音を弾くべし。(あえて「仕方なく」5度上の音を弾くのはどんな場合か。)

ここで言う「ベース」とは、下記。
・「楽器」の「ベース」。
・ソロ、もしくは他に低域を担当する楽器奏者が居ない場合の…
  … ピアノの左手
  … ギターのいちばん低い音を出す弦
  … その他の楽器。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

[商業音楽で GO !!] [コード編 14] [ギター編 02] 押さえる指が少なく済むのにサウンドはかえってリッチ。(キー「C」の場合)

ギター始めるとしたら、まずはキーが「C」の楽曲からでしょうね。(メジャー調のものを選曲した場合) (他、「E」とか「A」…。)
今回はキー「C」の場合に限定してお話しします。
いわゆる「スリーコード」で言うなら、
「C」「G」「F」が主に出てくる曲、ということです。

まずは「G」から ゆきましょう。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 04:03| 東京 ☔| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[商業音楽で GO !!] [コード編 13] [ギター編 01] 押さえる指が少なく済むのにサウンドはかえってリッチ。(キー「Am」の場合)

ギター始めるとしたら、まずはキーが「Em」とか「Am」の楽曲からでしょうね。(マイナー調のものを選曲した場合)
今回はキー「Am」の場合に限定してお話しします。
いわゆる「スリーコード」で言うなら、
「Am」「Dm」「Em」もしくは
「Am」「Dm」「E」が主に出てくる曲、ということです。

まずは「Dm」から ゆきましょう。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

文部省唱歌「おぼろ月夜」。多くのカタガタにとって理解が容易でないらしき。

ご覧の通り「朧月夜」は、全フレーズが ことごとく 1拍ずつ小節線の前に出ています。
文部省唱歌「おぼろ月夜」

文部省唱歌「おぼろ月夜」
高野 辰之 : 作詞
岡野 貞一 : 作曲
(ウクレレ用) (原曲キーは「D」) (「美しく」) (テンポ「80」)



続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 05:00| 東京 ☁| Comment(1) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

プロの作詞家の癖に「弱起 (アウフタクト)」を理解できてない人による、長渕 剛 に対する ダメ出し。

「順子」の 2番の歌詞が、ダメだと言うのです。
ココ。
 ↓ 
「あと二年待つことがそんなに嫌だったとはね」

えー。(曲調もそうですが) 陳腐なフレーズのツギハギのような (注、そこが逆に、親しみやすくてよい、とも言える) 歌詞の中で唯一ココだけが、独自なエピソードを盛り込んである箇所ではないですか。むしろ、「ココだけが良い」のに。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「さよなら、東海、たてがみ」。

ものすごい旅愁ですね。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 13:11| 東京 ☀| Comment(1) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかな、「なゆらぐ」って。

加えて、
「たきぎ巡り」
も。
どこの、なんの民俗的な風習かな。
なんかな、「なゆらぐ」って。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

[商業音楽で GO !!] (番外篇) だいたい合ってる。ラテン音楽講座。

あ、ラテン音楽がどういったものか、ですって ?
いろいろあるけど、「サンバ」でいい ?



まーまずは、リズムですね、16ビートです。
こんなカンジ。

新吉 団吉 貞吉 団吉、新吉 団吉 貞吉 団吉、…

カンジが、よく出ています。
「キチ」の音とか、
ドラムのハイハットとかとかでしょうかね。

ラテンのリズムを身につけたいのであれば、
この早口言葉のようなフレーズを、すらすら
キリなく言えるよう、練習してください。

口で言えるようになれば手も動かせるようになる
と言われております。がんばりましょう。
慣れてきたら、メロディ付けても、やってみましょう。

ドッドド ラッララ レミファレ ソーソソ、ドッドド ラッララ レミファレ ソーソソ、…
(全体的に歯切れよく。ただし「レミファレ」の部分だけ、滑らかに、やってください。)



一方、ベースは、どんな風に弾けばよろしいでしょうか。
はい。

段差があった、段差があった、…

と弾いてください。
 ↓ 
ドッドド ドッソー、ドッドド ドッソー、

です。

慣れてきたら、「あ」の部分 (つまり 4番目の「ド」を抜きます。)
 ↓ 
段 下がぁった、段 下がぁった、…

さらに慣れたら、2番目の「ド」も抜きます。
 ↓ 
タンスがぁった、タンスがぁった、…
(「ス」と「ぁ」の部分は、休符です。)
(「タ」「が」「た」の部分だけ、音を出します。)





「だいたい合ってるラテン音楽講座」。それではきょうはこのへんで。





余談。

ラテンとは全っ然、違うけど、大昔、
「ウンパカパッカー、ウンパカパッカー、…」
で始まるこんな曲がありました。
んーむむ、全然ラテンじゃない。
どこで違いが出たんだろ。

[ハレンチ学園OP]
http://www.youtube.com/watch?v=DJXZ8w0QyBg





[商業音楽で GO !!] 目次。
http://hinden.at.webry.info/201303/article_14.html




スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法
DU BOOKS
ドン・ブライトハウプト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーリー・ダン  Aja作曲術と作詞法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

[商業音楽で GO !!] (余談) ジョンもポールも Fコード は苦手だった (証拠の動画アリ)。

弾けるようになりたい

ギターをはじめて そして たちまち挫折。
そのパターンの最多が、

Fを押さえられない

てヤツですよね。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 04:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 11) 「イエスタデイ」のビックリ ? なコード進行。

というか当時のザ・ビートルズ。ハーフディミニッシュを知らなかったんじゃないかと。
それがかえって劇的な効果に。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 10) 不当に出番が少ない、ハーフディミニッシュ。

セブンスと並び、キーを決定付ける重要なコードです。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 09) シューベルトが愛用した、不思議なディミニッシュ。

ワガハイの辞書になかったコード。
それが、近代現代の最先端ジャズとかに
じゃなくて、
古い古いクラシックの、それもウルトラ大メジャーな作曲家によって、ごくごく普通に、好んで使われていました。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 08) それ本当にディミニッシュ ?

「本当にディミニッシュが好きなんだね。」
ロックやってる人たちを長年観察してきて、いだいた感想。
そんな自覚はないかもしれませんが。
でもディミニッシュの出現頻度は、有意に、高いですよ。
意図的にやってるんでなければ、普通に作曲していて、そうは出てこないはずなんですが。
ディミニッシュのつもりでいるけれど、ディミニッシュじゃ実はないんじゃないですかね。
 
ずばり
 
なんかの b9 (フラッテドナイン) なんじゃないですか ?

というお話です。


続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 09) ディミニッシュを経由して、どこへでも転調。

通常のセブンスコードが、(キーが C と仮定して) 鍵盤の白いところいっこ飛ばしで 4つ積み重ねてできているわけでずか、ディミニッシュ (Diminished chord) は、そういうのとは違っています。
鍵盤の白いところも黒いところもいっこと勘定して、2コ飛ばしで 4つ積み重ねてできています。
すべてのディミニッシュを表に書き出してみます。
 ↓ 

ソb
ミb


ソb
ミb
ミb


ソb
ソb
ミb

C dim7 Eb dim7 Gb dim7 A dim7
シb


レb
レb
シb


レb
シb


レb
シb
Db dim7 E dim7 G dim7 Bb dim7

ラb
ファ


ラb
ファ
ファ


ラb
ラb
ファ

D dim7 F dim7 Ab dim7 B dim7


続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

[商業音楽で GO !!] 目次。

索引としてお使いいただけるよう、当講習の目次をご用意しました。
現在まだ連載中でして、連載が終わるまでは当ページも随時更新されてゆきます。
既に書いた分の目次であると同時に、予告編でもあります。
(ページの終盤に載っているのは、講習はまだこれから。)

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 08) 気持ち良過ぎて世界中がトリコ。大逆循環。

俗に
「カノン進行」。
日本のみならず古今東西、もれなくうっとりの、ネ申進行。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 07) ヒット曲のサビなどに頻出。王道コード進行。

仰天。
とりあえずコレで作っておきゃ
それっぽい流行りのカンジの曲になる、
という、日本人好みの、ネ申進行。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 06) 死ぬまで演っていられる。循環コード。

I ⇒ VI ⇒ II ⇒ V

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 05) 隣の隣にいく、てのも、よく見掛けますね。

ただそのコードチェンジは、それほどには意味なかったりします。
ほぼ構成音が同じですからね。
そうは「コードが変わった感」が出ないです。
前のコードの代理みたいなもんです。
つまり、
あんまり同じコードが続くのもどうかなと思うからこのヘンでコード変えなきゃ、でも基本まだ同じ雰囲気でゆきたい、
みたいな時とかに。


続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 04) 隣のコードにも、いきやすい。

コード進行の王道としては、
5度下にゆく、
てのと、
隣にゆく、
てのの 2パターンが基本と思ってください。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 03) 「II ⇒ V ⇒ I」を利用して、ふと転調。

思い出してください。
 
[(コード篇 04) セブンス鳴らせば、転調、自由自在。]
http://hinden.at.webry.info/201303/article_8.html
 
を。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 02) そもそも 5度下には、チョー、いきやすい。

「II ⇒ V ⇒ I」という進行がスムーズなのも道理でございます。
「II ⇒ V」も 5度下への進行なら
「V ⇒ I」も 5度下への進行です。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 01) 必殺の、「II ⇒ V ⇒ I」。

人呼んで、
「にーごーいち」。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 07) 「ド」で終わりたいなら、コードの方を工夫、いろいろ。

メロディは最後、C (ド) で終わる。この条件が外せないんでしたら、付けるコードを どう しとくべきなのでしょうか。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

[商業音楽で GO !!] (メロディ篇 04) 曲の最後。「ド」以外でもちゃんと終われます。

「ド」で終わらなきゃいけない、てことないから。
むしろ積極的に試してみたらいかがでしょう。
「シ」(Major 7th) とか 「レ」(9th) とか、代わりに、どう ?

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 06) 曲の最後に、よくやる失敗。

曲の最後は、やっぱり、C (ド) で終わることが多いですかな。
この時にですね。
コードが CM7 になっていちゃ、アイタタでございます。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 17:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 05) セブンスとメジャーセブンスとでは、ドエライ違い。

人の曲を演奏する場合、省かれたセブンスを判断で補って弾くことが よく ございます。
コードが、ただ A だの E だの 書いてあるだけ、てケースが少なくないのです。

続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

[商業音楽で GO !!] (コード篇 04) セブンス鳴らせば、転調、自由自在。

セブンスコードがありゃその 5コ下がその曲のキー。
逆に言えば、
転調したいと思えば、転調したいキーの 5コ上のセブンスコードを鳴らせばいい、
てことです。


続きを見る
ラベル:音楽理論
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。