2016年11月04日

「存在と意識」。弁証法的唯物論の立場で著作された心理学関係のロシアの学術書。

「この、またはその、あるいは他の」
などという日本語の言い回し、初めて見ましたわ。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 03:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ひんでんさん、ブレない人は信用しません。

「俺はブレない。
俺はあの時から少しもブレてない。」
そう熱弁をふるわれましても。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ネット上では「リア充でない」アピールをしたい人ばかり。

でも僕は
ぐちぐち言う毎日より、
ああ恵まれてるなーありがたいなー
と思いながらの毎日のほうが幸せだと思う。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

[踏み絵] 危ないイベント、危ないコミュニティ、危ない人物の見分け方。

「ひんでんさん」
の名を出してみてください。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

洗脳の第一歩。いち早く徴候を察知し、遠ざかれ。

「君は君だ。」
「○○の言うことなんか聞くことないよ。君も一個の独立した立派な人格なんだからさ。君が自分で判断するんだ。」
 
一見、至極ごもっとも。まっとうなご意見であります。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

世間一般のごく普通の感覚から次第にズレてゆく人々。

「一方的にとらえてはダメだ、双方の言い分を聞かないと。」
「表面だけとらえてはダメだ、そこに至る経緯がある、背景がある、それなりの事情もある」

一見して至極ごもっとも。

げに恐ろしきは、「思考の癖」である。
そうこうしているうちに、一般の感覚から遊離してきちゃう。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 03:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

「障がい者以下」などとものすごいおっしゃりようをなさるおかたが、「人権意識」などとおっしゃってます。

「人の権利に上下は無いはず」だの
「人権意識の低さには呆れ果てました」だの
おっしゃっている おかた が、
 
おやおやー ?
 
ありゃま、
あーりゃま !!
 
「障がい者以下の扱いなのでしょうか?」
などと、
ものすごい おっしゃりよう を なさってますよ。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

10月に保育士の実技試験を受ける皆さんへ。受かるためのコツ。「お話」篇。

がんばって。 お話は、受かるためにはコツがある。知ってる ? (あたくし実は保母有資格者)

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

「友達なんかできなくたっていいからな。」

これは今を去ること三年前に
「中学校に行って新しい友達ができなかったらどうしよう」と心配する まほ ちゃん に、あたくし (父親・ひんでん) が
「だぁいじょうぶだって」と言った後に付け加えたセリフ。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

[トンデモ学説] 音痴な人は英語の試験で致命的なハンデを抱えている。

「ちゃんと言えてるのに」、それなのになぜか、
「アクセントの位置がどこか」という問題には答えられません。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

言葉って何。コミュニケーションて何。⇒⇒⇒かわいーい、かつ驚嘆 感心 抱腹絶倒の動画。

四の五の言わず、まずはご覧下され、この動画を。
 ↓ 
[Talking Twin Babies - PART 2 - OFFICIAL VIDEO - YouTube]

。http://www.youtube.com/watch?v=_JmA2ClUvU

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

差別は偽善者の内心にしか存在しません。

障碍児の親になって 10年強。
「差別された」と思った体験は一度もございません。
そんなはずないでしょう何かあるでしょうと言われましても、
いいええ、ないったらないです。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

さすがに許容の範囲を超えたわ。今回。

だめだ。これはいくらなんでもだめだ。
でも。
真に理解してもらえるかどうか。他人に。
まあ、やってみましょう。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 05:14| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

初夢。その内容は、地道に地味にじっとそっとしてなきゃならぬ という 悪(?)夢。

シンバル 2枚を、音をたてないようにして棚に置かにゃならぬ。
それも、上下に積み重ねて、収納すべし。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

除霊は、やっていません。

「簡単な除霊、できますか。」
「できません。」

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 05:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

「犬にも霊っているのかな。」

んなこと言ってるヤツがおりましたわ昔。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

より不名誉なのは、どっち ? (バリエーション)

例えば、部屋がきたない場合。
  
1. ただ単に怠け者なだけ。 
2. 心の病気。 

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 11:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

脱皮したい。

自分の身体が窮屈に感じるんです。
特に肩の辺りが窮屈です。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

肩から両腕を取り外したい。

これは何か診断名がつくのでしょうか。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

統合失調症は、恥ずかしい病気ではない。

風邪になるのと変わりません。
100人に1人の割合と、よく言われています。
誰もがかかる可能性があります。
特別なことではないんです。
珍しくもなんともなく、実は大変身近な疾患です。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 04:48| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

「怖い絵」とか「精神病者の書いた絵」とか「アウトサイダー・アート」とかいうの、いろいろ。

画像自粛相当にツボだったり。かと思えば、そういうのばっかり見て、「そろそろ食傷気味かな」と思ったり。身近にも、スゴイ絵を描く人、いるんで。慣れてきたと申しますか、そう矢鱈にはビックリしなくなりました。

たとえば、これは ?
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

[フテキセツ注意] 突拍子もない人々。

2例、まいります。
まずは、前記事 でも 話題にした 林先生 のサイト から、これ。
 
「させられ体験」の悪化例。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

「病識」はないが「病感」はある人々。

例えば統合失調症。
そういう方々の場合、病気という自覚がないのが普通です。
であるならば自分から精神科医のもとには来ないはず。
自分の意思で入院、というのも妙な話。100 % 強制入院でなきゃおかしいですね。
にもかかわらず、自分から相談に来たり、自らすすんで治療を受けるというのは珍しくありません。
どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。
実は自覚している ?
いえいえ、妄想の内容については、信じきっています。妄想と疑ってはいません。
それは疑っていないのですが、そこはかとなく、自分の心の調子が
「なんだかおかしい」
と感じていることがある、というわけです。



好例を見つけたのでご紹介します
(コレ関係では有名な、林先生トコ の 1 ページ です)。

続きを見る
posted by hinden (まほまほファミリー) at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

ホメて伸ばしてあげるやり方も、金で釣ってやる気を出させるやり方も、結果は同じ。(?)

ケシカラン結果になってしまいました。。。
え ? 違うの ?
「賞賛はヒトに精神的な励みを与えるという長年の仮説を科学的に裏付けるもの」
なのですって。
うーんそうなるのかな その実験で この結果で その結論に結び付くのですかね。
いったいなんの研究かというと、以下。

こういう小ネタ、好き。
[褒められること、脳にとっては現金もらうのと同じ効果=研究 | エキサイトニュース]

「あたしってホメられると伸びるタイプなの」とか、よく耳にしますが、当然なことをワザワザ言わんでよろしい。
「人間、けなされるのとホメられるのとでは、どちらが伸びるか」みたいな陳腐な話題に付き合う気はございません。

しかしこれは面白い。
その効果、現金 限定 なのか、詳細知りたい。
現金の代わりに高価なモノをもらう場合でも、同様かな。
高価かどうかは関係なく、なんかくれるなら、同じ効果になるのかな。
さらに言うなら、現金といっても十円じゃないですよね。いくらぐらいを想定すればよろしいのでしょうか。



名声を得たという幸せと、
金持ちになったという幸せは、
同質のものなのですかね…



----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
posted by hinden (まほまほファミリー) at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

親の おば にあたる人 のことを 「大おば」 と いいますね。では。。。

おば の 母親 にあたる人 のことを、なんと言いますか。

。。。てクイズを いろんな人に出してみましたら、相当、おもしろかったです。反応、いろいろでした。

多かったのは、
え。『大おば』じゃないの。」と反射的に答える人。

グ。
(出題者、ガッツポーズ)

ほかには、
おれ、むつかしいこと分かんねえよ。」と答えようとしない人。「いやいやいやいやむつかしくないんだって」「おれ別にそういうこと詳しくないから」「いややや違うって。別に知識は要らないのよ。冷静に考えたら誰にでも分かるんだから。
。。。どんなに言ってあげても「分かんねえ分かんねえ」で てんで 考えてみようとなさらない。。。



頭いいとか悪いとかカタイとか柔らかいとか、そういうのだけでなく、なんか、人柄とか性格とか、そういったことが よほど 出てたり。。。
考える手順や方向性が個人個人で違うとか。。。
一種の 心理検査 みたい。興味深い観察になります。



このクイズを出す時には、コツ が あります。動作をつけること です。

親の」で 手を真上にスライド させ、
おば にあたる人」と言いながら 手をさらに斜め上方にスライド
。。。は『大おば』ですが、では。。。」の時に 手を元に戻す (下に下げておく)。
おば の」で 手を斜め上方にスライド
母親 にあたる人のことを、なんと言いますか」で 手をそこからさらに真上に
つまり、全2回の動作で、平行四辺形を書くように動かす わけです
(第1回目の終点と第2回目の終点とが同じになるようにジェスチャーして、判断を誤らせるのです)

わたくし このクイズを思いついて、結構、マジ、興奮しています。こりゃおもしれえ。。。




次号。解答篇 (ぐだぐだ な エピソード 付)

[思いがけずトホホな展開。 (前回クイズの解答篇を兼ねて)]



----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

幻想美術 (単なる理解を超えて)

幻想美術 / Fantastic Art幻想美術 をガッチリ押さえておくのに適した一冊だと思います。

[幻想美術 / Fantastic Art]
ヴァルター・シューリアン (著), ウータ・グロゼニック (著), Reiko Watanabe (著)
ISBN : 4-88783-303-2
出版社: タッシェン・ジャパン (2006/11)
定価 : \1500 + 税



幻想美術 (ニューベーシック)
タッシェン
ヴァルター・シューリアン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




後記。参考記事。

アウトサイダー・アート とも微妙に重なり合う部分があると思います。

[精神分裂病患者の絵 (グロ注意)]
[心揺さぶるアウトサイダー・アートの世界。[パラレル・ヴィジョン]]



----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
posted by hinden (まほまほファミリー) at 01:42| Comment(0) | TrackBack(4) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心揺さぶるアウトサイダー・アートの世界。[パラレル・ヴィジョン]

パラレル・ヴィジョン─20世紀芸術とアウトサイダー・アート/Parallel Visions─Modern Artists and Outsiders Artたとえば横に挙げた本です。これは、1993/09/30 〜 1993/12/12、世田谷美術館 で 催されていた展覧会のカタログです。生涯で最も心に響いた展覧会でありました。その余韻は今でも 奥深く 続いています。

展覧会自体もよかったですが、そのときのこのカタログも、貴重な文化遺産として我が書棚に保管されています。街角でふと見かけた折には、迷うことなく即、手に入れることをオススメします。

[パラレル・ヴィジョン─20世紀芸術とアウトサイダー・アート]
(Parallel Visions - Modern Artists and Outsiders Art)
ISBN : 4-473-01301-4
C0071
世田谷美術館
\5500


Amazon でも入手はできるようです。値段がパカ高 !
(¥ 17,500より。3倍以上値上がってます。)



日本のアウトサイダー・アート/Japanese Outsider Art : Inhabitabts of Another Worldなお この展覧会の時、日本のアウトサイダー・アートについてはカタログが別途、出ていました。

[日本のアウトサイダー・アート]
(Japanese Outsider Art : Inhabitabts of Another World)
世田谷美術館

これは Amazon にも置いていないみたいですね。入手は相当難しいかもしれません。





芸術新潮 1993年 12月号 特集 現代美術をぶっ飛ばす!病める芸術家たちじゃあ [芸術新潮] のバックナンバーで。それならば入手できるでしょうか。

[芸術新潮] 1993年 12月号 [雑誌]
[特集 現代美術をぶっ飛ばす!病める天才たち]

\1200

[パラレル・ヴィジョン] 展 の前後に呼応して出た特集。この号も必殺。完全保存版。絶対に手元にないといけないですね。
(ちなみに Ono Yoko 個展の記事もあり。ダブルで価値あり。)

どういうわけか Amazon は [芸術新潮] のバックナンバーはたいして置いてないんですね。Amazon では入手できないようですが、街角の古本屋ではどうでしょう。また、ある程度の規模の図書館でなら見られると思いますが。




Outsider Art - from the Outsider Archive,London[パラレル・ヴィジョン] 展 当時、アウトサイダー・アートというジャンル名 自体が、知られていませんでした。そのため出回っている書籍も、種類はたいへん少なかったのです。ここで手に入れておかねばいつまたお目にかかれるかわかりません。併設ショップにて [パラレル・ヴィジョン] 展 カタログ と共に、買っておいたのは、この本。(\1980)

[Outsider Art - from the Outsider Archive,London]
Art random (50)

ハードカバー: 48ページ
出版社: Kyoto Shoin (2000)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 4763685384
ISBN-13: 978-4763685384
発売日: 2000
商品の寸法: 31.1 x 23.5 x 1.3 cm




Outsider Art II - Visionary Environmentsと、この本。(やはり \1980)

[Outsider Art II - Visionary Environments]
Art random (75) (Art Random, No 75)

ハードカバー: 48ページ
出版社: Kyoto Shoin (1991/01)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 4763685775
ISBN-13: 978-4763685773
発売日: 1991/01
商品の寸法: 31.8 x 24.1 x 1.3 cm


いやあ、買っといてよかった。Amazon で今頃 入手しようとした場合、\10086 と \2400 ですか。バクレツな値上がり方をしてますな。

Art random (50) (Art Random No 50)
Kyoto Shoin
Monika Kinley

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



Art random (75) (Art Random, No 75)
Kyoto Shoin
Marcus Schubert

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



後記。関連する過去記事。

[精神分裂病患者の絵 (グロ注意)]


2008/04/14 追記。今日 気になった 赤の他人のサイト。

[たけくまメモ : ダーガーとディズニー]



----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
posted by hinden (まほまほファミリー) at 00:37| Comment(1) | TrackBack(5) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

夢野久作ですか安部公房ですか。

油断していたらどんでん返しをくらいました。ふと見つけたサイトのふと見つけたこのページなのですが
( [精神科Q&A【1087】家の中にストーカーがいます] )、
よくあるといえばよくある、精神的な障害についての悩み事に先生がお答えする、というコーナーですね。で、まあ読んでいたのですが、小説のような展開がありまして、プチ びっくり しました。実のところ精神医療の現場では珍しくないのでしょう。また小説ならばこのオチはむしろ定番中の定番。それでも意外だったのは、悩み事相談サイト、という、そういうところで目撃してしまったからなのでしょう。対面でのカウンセリングならともかくも、悩み事相談サイトみたいなところで先生がこういうリアクションをするんだあ、とまあ、それがね。

ちなみにわたくし大学時代は心理学専攻でしたし東大付属の精神病院にも入ったりしておりました (ああいやいや患者側で、ではございませんよ)。これ系のことには学究的な興味を抱いておりまして、以降もこれ系のネタをご提供するかもしれません。今後これ系のネタには触れたくないという方は、記事にシルシを付けておきますので、よけて お通りください。

それにしてもこのサイト、
[精神科Q&A]
豊富ですねえ。まあ典型的な症例が主。Q&Aの内容もまあ標準的。
しかし誰が付けているのでしょうか、質問のタイトルの付け方が、最近なにげにハイ・テンション目次を見ているだけでもずらっと並んだキャッチーな文言にクラクラ。例えば。。。

【1240】隣が火事になり、統合失調症だという理由で犯人扱いされています
(このQに対するAは、よくできていると思います)

【1225】抗うつ薬について誤解を与えるサイトを規制できないのでしょうか
(これについては私も興味深く拝見いたしました)

【1236】妻からストーカー扱いされて離婚を迫られています
【1233】愛の話とセックスの話しかしなくなってきた、恋愛妄想と思われる女性
【1216】性器がうずく
【1220】自分の夫と母親が男女関係にあるという妄想
【1200】姉から「TVであなたの事が流れてしまったのは、私のせいなの」と突然電話がかかってきました
【1196】花が咲くとなぜ哀しいのでしょうか
【1151】投身自殺を目撃して・・・
(テレビドラマのようですね。)

極めつけ。

【1234】母を殺したい
おいおい。

安部公房 [人間そっくり]小説の紹介
安部公房 [人間そっくり] (新潮文庫)
ノーベル文学賞、安部公房が取らずして誰が取るの。と思っておりましたが惜しいことです、取らずじまいでお亡くなりに (1924/03/07 - 1993/01/22)。



----------------------
Profile : Takahashi, Hideki : 高橋秀樹
[events]
Ma_ho_Ma_ho_Family Top Page
posted by hinden (まほまほファミリー) at 02:39| Comment(2) | TrackBack(4) | 心理学/精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする